日野市にある当店は腰痛改善につよい整体院です

YT整体院


よくある腰痛のタイプについて!

腰痛.jpgのサムネイル画像
よくある腰痛のタイプを、大きく3つに分けてみました。
あなたの腰痛は、どのタイプですか?


腰部脊柱管狭窄症について

0671701caf0213fa9103a619f938a17b_s.jpg症状:ステージⅠ

朝起きたとき、腰が重だるく、ずしーんとした感じがあります。
これは、睡眠から覚めた直後の身体に柔軟性がない状態で、強制的に動かされることで症状が出てきますが、期間経過とともに症状が軽くなります。

椅子から立ち上がる時にも痛みが出ることがあり、60歳を超えるころから、増加する傾向があります。

症状:ステージⅡ

モノを抱えて、抱え上げるような、腰を後ろに反る動作で腰に痛みを感じ、症状は両方の足にシビレを伴う痛みが出ます。

痛みが出ても、数秒間座って、前かがみで休憩すると症状が治まります。

症状:ステージⅢ

歩行中、腰に痛みを感じます。
痛みが出ても、数秒間座って、前かがみで休憩すると症状が治まりますが、日増しに、状態は悪化してきます。

最終的には、シビレと痛みのため、歩行が困難になり、休み休みでないと歩くことができなくなってしまいます。

対策について
動いた時の痛みを軽減させるために、腹筋、背筋を鍛えることが有効と言われています。
しかしながら、腰部脊柱管狭窄症という診断名が出されていても、その症状と、今出ている痛みの因果関係は不明です。
腰部脊柱管狭窄症はMRIという画像診断装置で、その症状を確認することが可能です。
長い間の悪い姿勢が、腰部脊柱管狭窄症を引き起こしていることは間違ないのでしょうが、その悪い姿勢が作り込んだ、腰回りの筋肉の硬直が痛みの原因かもしれません。

腰部椎間板ヘルニアについて

da2e04b8dcc77eb2bded62d9092cd8c0_s.jpg症状:ステージⅠ

モノを持ち上げるときに、突然腰にズキーンとする痛みが走り、数分間休憩すると動けるようになります。

椎間板に亀裂が入った痛み、と説明されることもあります。

症状:ステージⅡ

ちょっとした前かがみ動作で発症します。
腰に、ズキッと響く痛みが出て、片足に電気が走ったように感じます。
休憩すると痛みは消えますが、前かがみ動作で、シビレや痛みが再発し、髄核が神経に接触している、と説明されることもあります。

椎間板の水分量が、加齢により減少することが発症の引き金となり、左右いずれか一方向の症状で、後傾により改善が見られます。

対策について
動いた時の痛みを軽減させるために、腹筋、背筋を鍛えることが有効と言われています。
これも、前述と同様、腰部椎間板ヘルニアという診断名が出されていても、その症状と、今出ている痛みの因果関係は不明です。
腰部椎間板ヘルニアはMRIという画像診断装置で、その症状を確認することが可能です。
長い間の悪い姿勢が、腰部椎間板ヘルニアを引き起こしていることは間違いないのでしょうが、その悪い姿勢が作り込んだ、腰回りの筋肉の硬直が痛みの原因かもしれません。

原因不明のものについて

腹臥位腰圧.jpg腰痛の85%がここにあてはまると言われています。
身体に痛みが出ると、脳からその痛みを和らげるホルモンが出ますが、ストレスを中心とする外的要因があると、このホルモン量が低下し、痛みが軽減できなくなってしまうと言われていますわれています。

このような状況になった時に、どのような対策があるのでしょうか?

心理療法について
実際の現場では、その方の心の奥底で起こっていることを本人に認識してもらいます。
そして、それが実際にストレスとなって、脳の機能低下を引きこしていることを、さらに確認させるようにしていきます。

運動療法について
座って痛みが出ている場合、硬い面ではなく、バランスボールのような柔らかい面に座ってもらいます。
実際に座って、痛みがないということを確認し、自信をつけさせることにより、「痛みがない」という確証を持ち、達成感を感じて、脳から痛みを軽減させるホルモンが出るようになります。
これらの繰り返しを記録し、入院前の状態と、リハビリ後の状態とを比較して、実際に痛みが軽減していることを目視で理解させ更にリハビリ効果を上げていきます。

YT整体院での対策について
上記が一般的に言われている原因不明の腰痛に対する対策ですが、原因不明ということはどのようなことが起きているのでしょうか。

腰痛で病院へ行ったときに言われる原因不明とは、レントゲン等の画像診断装置により、症状が画像として観察されない状態を言っています。
腰痛に関して、西洋医学では、画像上に映っていないものに対して、原因を特定することができません。

レントゲン装置やMRIでは、骨や神経の状態を画像として表示することができます。
しかしながら、筋肉がうまく機能していない状態を画像にすることができません。
今起きているそのツラサが、筋肉由来のものであった場合、病院では診断がつかないことになります。

日野にある腰痛専門のYT整体院では、偏った筋肉の状態を見つけ、それに対して、適切な施術を行っていきます。

どこに行っても改善されなかった、長くツラかった腰痛をお持ちのあなた!
一度、当院へ相談してみませんか?
お待ちしております。

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-14-9
八坂神社となり
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ