日野市にある当店の整体はたった1回で痛みの解消を実感できます

YT整体院


腰痛を4種類に分けてみると!

年齢を問わず、日本人の2800万人の方が慢性の腰痛で悩んでいます。
一口に言って腰痛にも、いろいろな種類があります。
ここでは、大きく4種類に分類してみました。


  1. 病気と呼べない腰痛
  2. 腰の病気による腰痛
  3. 内臓の病気による腰痛
  4. 心理要因による腰痛

以下、内容を説明していきます。

1.病気と呼べない腰痛について

腰痛で病院に行っても、検査では異常なしと言われ、特定の診断名がつけることができません。

非特異性腰痛と呼ばれ、腰痛全体の85%を占めています。俗にいう、ぎっくり腰(急性腰痛)や腰痛症(慢性腰痛)などがこれに相当します。

原因

急性腰痛について
  • 普段していないのに、突然激しい運動をしてしまう
  • 普段扱ってないような重い荷物を、体勢の悪い状態で急に持ち上げてしまう
  • 不用意に、不自然な動きを、急激にしてしまう
  • 慢性腰痛がある
慢性腰痛について
  • 長い時間座りっぱなしの状態が続くデスクワークや車の運転をしている
  • パソコン操作等の、長い時間同じ姿勢を継続している
  • 不摂生な食事や運動不足による、急激な体重増加をそのままにしている
  • 寝返りを打たない(打てない)で毎日寝ている
  • 悪い姿勢で、毎日を過ごしている
  • 仕事で移動するとき、長い時間、乗り物に乗って座っている
  • 仕事や生活上でストレスがある
運動をしていても腰痛になる方はおられますが、一般的には少ないです。

しかしながら、運動をしないのに腰痛になる方もおられます。これは、腰周辺の筋肉が硬直しているために発症します。

運動不足の方が、長い間同じ姿勢をとり続けることにより、身体の筋肉が血行不良によりいっそう硬くなっていきます。

運動不足を感じ始めたら、早めに、ストレッチをして血行改善したり、散歩のような軽い運動をして身体を動かしていく事で改善されます。

2.腰の病気による腰痛について

腰痛で病院に行くと、検査で特定の診断名をつけられ、特異性腰痛と呼ばれています。

主な診断名として、以下のようなものがあります。

名称未設定 1.png

3.内臓の病気による腰痛について

特異性、非特異性腰痛は、身体の姿勢を変えることにより、痛みの感じ方が変わったり和らいだりしますが、内臓疾患による腰痛では、痛みが出ている時にどのような姿勢をとっても、身体の特定部位の痛みは変化しません。

安静時痛と呼ばれるような、寝ている時や、何もしないでいる時でも痛む場合もあります。また、お腹の痛み、吐き気、発熱や悪寒、めまい等の症状も同時にみられることも多くあります。

腰痛の原因となる内臓疾患として一番多いのが腎臓関係の疾患です。

腎臓自体が背中側の腰部近辺にあるために、腰周辺の痛みとなって表れます。

腰痛の原因となる内臓疾患には、泌尿器系の疾患や胃や長などの消化器疾患など様々です。

いずれも、腹腔内にありますので、飲食することにより、痛みが強くなる場合もあります。

 

4.心理要因による腰痛について

非特異性腰痛に含まれますが、主に精神的ストレスが原因となっています。
以下の心理要因からの腰痛が発生しやすくなっています。

  • 職場において期待感を含めた過度のプレッシャーがある
  • 毎日の生活に張り合いがなく、ゆううつ感がある
  • 仕事、家族関係、近所付き合い等での人間関係に悩みがある
  • 精神的に不安定で、常にイライラしてる
  • 子育て・育児ノイローゼ気味である
  • 自分の将来に対して希望がない
  • 自律神経失調症である

心理要因単体ではなく、外的要因も混在する場合もあり、その見極めが必要となります。

外的要因(肉体的負担)と心理的要因(精神的負担)が同時に発性すると、腰痛感は強くなります。
腰痛の発生が、特定時刻や特定条件、特定地域等によって変化してはいませんか?

認知行動療法という、いろいろなものの見方=認知を変えることにより、ストレスを軽減させる手法が注目されています。
 

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ