日野市にある当店は腰痛改善につよい整体院です

YT整体院


睡眠トラブルについて

616145.jpgのサムネイル画像


日本人の1500万人が悩んでいると言われる
睡眠に関するトラブル。

眠ることはできるが熟睡できていない、
朝スッキリ起きられない等
の症状が多くの方に見られます。

これらの原因は、
一概に、疲れや睡眠時間の短さではなく、
ましてや体質や人間性ではない場合があります。

どのような原因が考えられるのでしょうか?


夜遅い時間帯に食事はしていませんか?
寝る前に、
ご飯を食べたり、
糖質を取りすぎたり、
アルコールを摂取していませんか?

原因は、
血糖値の乱高下です。

通常、
早い時間に食事を済ませると、
食後に上昇した血糖値は,
身体が動かされることにより
睡眠前には通常レベルまで下がっています。

遅い時間帯に食事等をすると、
血糖値が睡眠に入ってから上昇していきますが、
睡眠中の身体は、
糖を消費することができないため、
血糖値は起きている時よりも急激に上昇します。

そのために、
我々の身体は
この上がりすぎた血糖値を下げようとして、
多量のインスリンを分泌するようになります。

上がりすぎた血糖値を、
急激に下げようとするため、
今度は逆に下がりすぎてしまいます。

すると、
この下がりすぎた血糖値を上げるために、
アドレナリンが放出されます。

そして、
また血糖値が上がりすぎる、
ということが一晩中繰り返されます。

アドレナリンが放出されている状態では、
全力疾走している時のように、
身体は交感神経優位になっています。

睡眠時に交感神経が優位となることにより、
熟睡ができす、
疲労が蓄積されているのです。

寝ている時、
・歯ぎしりをしている、歯を食いしばっている
・多量の寝汗をかいている
・怖い夢をよく見る
ようなことはありませんか?

これらのアドレナリンが筋肉を緊張させているような症状があれば、
血糖値のコントロールがうまくいってない恐れがあります。

また、
悪いことに、
睡眠時に常にインスリンが分泌されていると、
ついには分泌されにくくなり、
Ⅱ型の糖尿病になってしまう恐れもあります。

これは、
睡眠時のみに限定されるものではなく、
目覚めている時でも、
食後2時間程度してから
よく眠くなるような症状がある方は要注意です。

起きている時でも、
デスクワーク等の身体を動かさずにじっとしている状態は、
睡眠時と同じように糖を消費しない状態です。

睡眠時でなくても、
血糖値の乱高下が
同様の理由から起きている可能性があります。

この血糖値の乱高下を防ぐ方法は、
早めの夕食と、
その夕食前の酢酸の摂取です。

酢酸には、
いろいろな働きがありますが、
糖の吸収を緩やかにして、
血糖値の上昇を抑える働きがあります。

胃の働きを弱めて、
消化を遅らせているのです。

通常の調理酢をそのまま飲むと身体に負担がかかるので、
リンゴ酢を薄めて
コップ1杯飲むことをお勧めします。


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ