日野市にある当店は腰痛改善につよい整体院です

YT整体院


気圧変動でツラサが出てきませんか!? 

sick_tenkitsuu.pngのサムネイル画像

 

天候不良により身体に起こる、原因不明の様々な不快な症状。気象病とも呼ばれる、気象の変化による辛さは、どのようにして出てくるのでしょうか。

気圧が下がると痛みが出る!?

mark_tenki_kumori_ame.png
気象が大きく変わると、気圧、気温、湿度等が変化します。この中でも、身体の症状に最も影響を及ぼすものが気圧の変動です。この変動に、対応できなくなっている自律神経の機能異常が、痛みの根本原因です。

身体は、交感神経と副交感神経という、二つの自律神経が、自動的に体内のバランスをとっています。

交感神経は、血管を収縮させ、心拍数を上げて身体を興奮させようとします。
副交感神経は、血管を拡張させ、心拍数を落とし、身体をリラックスさせるという働きがあります。
この二つの神経が、互いにうまくバランスを保ちながら、人間の身体をコントロールしてくれています。

身体の中に、気象変化発生時の気圧の変化を感じる器官ーセンサーが内耳にあります。
このセンサーが、自身の自律神経が乱れると、誤った解釈情報を脳へ送ってしまいます。
このため、脳が混乱し、気圧の低下により膨張した筋肉へ過剰な収縮命令を出し、筋肉痛を発症させたりします。
この筋肉の過剰な収縮が、近隣の血管の痙攣させ、神経痛を引き起こします。

通常大人の体内の水分量は、約60%あるといわれています。
ゴム風船の中の60%が水だと考えてみてください。

天候が悪くなるタイミングで、気圧が低下していきます。
気圧が下がると、60%の水が入ったゴム風船は、自然に膨らみます。人間でいうと、体表の面積が広くなったのと同じ状況です。
このままでは、体温も下がるし、血圧も低下してしまいます。
これを、自動的にコントロールして、体温・血圧を一定に保っているのが自律神経の働きなのです。

気圧の変化により、交感神経が優位になることにより、痛みを感じる神経が興奮する状態が続くようにもなります。
この神経の興奮による痛みは、関節痛、特に、変形性膝関節症や関節リュウマチのような膝痛の方に顕著に表れます。

気圧が低下するタイミングで、これに、高湿度や気温の低下が重なると、さらに症状が悪化しやすいという傾向があります。
気候変動の中でも、一日の温度変化が10度以上や、気圧の変化が10ヘクトパスカル以上あるような大きな気象変化がある場合には、特に症状が強く出てきます。

対策はあるの?

082245.jpg
関節痛の方の気象病対策としては、エアコンの上手な使い方が有効です。
除湿機能に加え、温度変化がないようにコントロールしていきますが、冷気が、痛みの出やすい関節に当たらないようにすることが大切です。

気象病に類似した、外出されたときに突然やってくる痛みには、高層エレベータ使用時や飛行機の利用時における、短時間の気圧変化もあります。
これらには、いつもの気象病とは違うものだという自分の認識で、あまり気にしないということも、対応の一つです。

それでも何とかしたい!

当院では、自律神経に対する施術も効果を出しております。

どこに行っても改善されない症状をお持ちのあなた!
その原因は、自律神経の乱れではありませんか?

一度、当院へご相談ください。
きっと、改善への道が開けますよ!

ご連絡、お待ちしております。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-14-9
八坂神社となり
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ