日野市にある当店の整体はたった1回で痛みの解消を実感できます

YT整体院


腰痛と姿勢について

たいしたことのない日常の動作後に起きる急性の腰痛、長年腰が重く、痛みも感じるときがあるような慢性の腰痛。
腰痛にもいろいろな状態があります。


日常生活において、以下のような症状はありませんか?
・デスクワークで座りっぱなしで腰が重い
・姿勢が悪い認識があり、慢性的な腰痛がある
・自然に足組んでしまう
・猫背傾向である
・以前より疲れやすくなっている

成人の頭の重さは約5Kgほどもあります。
これがまっすぐに首の骨に乗っている時は問題ないのですが、座っている姿勢が悪くなり、頭が前方に出るようになると上半身でこれを支えようとします。
この時、首にかかる重量は20Kgほどにもなってしまいます。
また、上半身が前かがみになるようになり、立っている姿勢も崩れてくると、首の前傾につられて、腰や膝にも負担をかけてしまいます。

理想的な、身体に負担のない座っている姿勢というのは、骨盤が前後左右方向に傾きがなく、背骨がS字カーブを描いているような姿勢です。
このような姿勢をとると、外耳口、肩峰、骨盤が一直線上に並ぶようになります。

長い時間座ってる、あるいは立っている、中腰になる等の無理な姿勢により、腰回りの筋肉に緊張が起こります。
それが繰り返されることにより、疲労感が増大し、最終的には血行不良を引き起こし、これが腰痛として感じられるようになってしまいます。

腰回りの筋肉の衰えにより、腰痛が発症することもあります。
大腰筋、大殿筋、中殿筋の筋力が衰えてくると、腰椎に負担がかかるようになり腰痛を引き起こします。
また、腹筋や横隔膜によって内臓を支え、背骨の負担を減らしていますが、腹筋の筋力が低下してしまうと、正しい姿勢が保てなくなって腰椎に負担がかかり、腰痛になってしまいます。

これらは、慢性的な腰痛として認識されていきますが、日常生活で、普段あまり腰回りの筋肉を使っていない人が、いつもはしないような過剰な動きを少しでもしてしまうと、急激に腰に負担がかかって痛みが発症してしまいます。
これが、急性の腰痛です。

慢性・急性の腰痛の回避には、普段から姿勢を整えることと、ある程度の筋肉トレーニングが必要です。




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ