日野市にある当店の整体はたった1回で痛みの解消を実感できます

YT整体院


痛みについて

身体のなかで起こる痛み。
痛み、といってもいろいろな種類があります。
痛みの種類を、大きく3つに分けてみました。


①炎症や外部からの刺激により引き起こされる痛み
②神経が障害されることにより引き起こされる痛み
③心理、社会的な要因によって引き起こされる痛み

①は、一般的には急性や慢性の痛みとして認識されます。
侵害受容性疼痛とも呼ばれ、身体の中にある侵害受容器が痛みの物質に反応して痛みを感じます。

この痛みは、決して悪いものではなく、危険を知らせてくれる信号として非常に有用なものです。
痛みがないと、無理な姿勢(腰痛やさまざまな辛さの原因となっています)や外的損傷によるケガ等を見逃してしまうため、生活していくうえで非常に不都合となります。

日常生活において、初期に発生した身体の外部からの刺激(ここでは、長時間の筋肉の緊張等として説明します)を何もせずに放置してしまうと、交感神経や運動神経を緊張させ、それにより血管の収縮や筋肉の緊張を引き起こしてしまいます。
これが組織の血行不良につながり、この危険信号として痛みの物質が出て、痛みを認識するようになります。
この痛みが、さらに交感神経や運動神経を緊張させてしまい、どんどん辛さが増してしまうことになっています。

このような痛みを何もせずに放置しておくと、身体は常にストレスにさらされていることとなり、脳内では、痛みを抑える神経が弱くなってしまいます。
それにより、身体に発生した痛みを普通以上に強く感じたり、慢性的に痛みを感じるようになってしまいます。

なるべく早い時期に、この痛みの起こり際で対応していくことが、ひどい痛みや慢性痛への対応には必要です。

②は、なんらかの原因で神経が障害されることにより起こる痛みです。
神経障害性疼痛とも呼ばれ、病気などで神経が圧迫、障害を起こすことによっても引き起こされます。
これは、①とは違い、物理的な傷や炎症が外部からは見えないのに痛みが発生しています。
大きな病気をしたことはありませんか?
長期にわたる疲労により、身体のなかで筋肉が神経を圧迫している場合もあります。
身体のなかで、つらいところ、だるいところはありませんか?

③は、②同様に、傷や炎症がないのに痛みを感じます。
この原因は、社会生活での、不安やさまざまなストレス等の心理的、社会的な要因です。
社会生活をしていくうえでは、ストレスというものは必ず存在します。
これらにうまく対応できる人もいますが、そうではない方もおられます。
自分で対応できないこと、どうしようもないことをうまく判断し、外部の応援をうまく利用していきましょう。
どうしようもないことは、この世の中にはいくらでもあります。
自分ひとりで抱え込まず、自分一人でなんとかできると思わずにやっていきましょう。
一人で生きているのではないのですから。

いずれの痛みも、何もせずに放置しておくと、どんどん悪循環に陥ってしまいます。
それが強いストレスとなり、姿勢も乱れ、血行も悪くなり、さらに気分も落ち込んでいきます。

西洋医学的なフォローも必要ですが、快適な生活を送っていくためにも、まずは疲れをため込まないような生活が必要です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ