日野市にある当店の整体はたった1回で痛みの解消を実感できます

YT整体院


腰痛と内臓疾患について

腰痛の原因はさまざまですが、筋・骨格系の原因以外の内臓を原因とする疾患の場合、その対応を急ぐ場合があります。
内臓を原因とする腰痛の「見分け方」にはどのようなものがあるのでしょうか。


内臓疾患を原因とする腰痛の大きな症状として、
・安静にしていても痛みがあり、どんな姿勢をとっても痛みが変わらない
・痛みの症状が徐々に悪化していく傾向がある
・空腹時に痛み、食事中に楽になるような、食事のタイミングに関連して痛みの出方が変わる
・排尿・排便時に痛みが出たり、血尿・血便もある
・生理の時に痛みが強く出る
・寝ている間も痛みが続いている
・一週間以上経過しても、痛みが引かない
・発熱がある
・嘔吐する
・全身にだるさを感じる
・腹痛がある
等があります。

これらの特徴においては、
・特定の動作において、腰の痛みが変化するかどうか
・どのようなときに、痛みの症状が出ているのか
・身体の機能低下の症状はないか
・腹部を直接押して、痛みに変化があるか
が、判別の基準になります。

臓器別では、
・腎臓の機能低下時には、顔や手足のむくみ
・肝臓の疲労時には、身体全体のだるさ
・尿管結石の場合には、通常と異なる激痛
・腎盂・腎炎では、高熱、腹痛、背中の痛み
の症状が出る場合があります。

症状別では、
・アルコールの飲みすぎの翌日の腰痛では、肝臓
・空腹時、食後の腹痛・腰痛では、胃、十二指腸
・下痢が強い場合には、大腸
・夜間痛や体重減少では、がんなどの悪性腫瘍
・生理周期での腰痛は、子宮、卵巣
の疾患が疑われます。

腹部には、胃、肝臓、大腸のような臓器がある腹腔が腹膜と呼ばれる膜で覆われています。
この腹膜の後ろに、直腸、上・下行結腸、十二指腸、すい臓、腎臓、尿管、副腎などがあります。
子宮は半分が腹膜の後ろに位置しています。

これらの後腹膜臓器は、背中に近いので、臓器自体に異常があり痛みが発生すると、それが腰痛として認識される場合があるのです。

腰痛がある場合には、これらの症状の存在も確認し、必要であれば、早急に医療機関での検査をお勧めします。

腰痛を伴う内臓疾患名としては、
慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆石症、胆道結石、腎盂・腎炎、尿路結石、子宮筋腫、卵巣脳腫、卵巣炎、腹部大動脈瘤、帯状疱疹による神経痛などがありますので参考にしてください。






更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ