日野市にある当店の整体はたった1回で痛みの解消を実感できます

YT整体院


腰痛と睡眠について

腰痛がひどいとき、その時の寝方、寝る姿勢により、就寝中や起床時に痛みが増してしまうことがあります。
朝起きるときに腰が痛いとか、腰が痛くて眠れないという人にとっては、どういう姿勢で寝るのがいいのかは、重要な問題です。
寝方、睡眠のとり方を工夫することにより、腰にかかる負担を軽減することが出来ます。


616145.jpg

寝方について


腰に負担がかからない寝方というものは、基本的には、本人が寝ている時に楽な状態を認識できる姿勢です。
一般的には、うつぶせ寝は、腰の反りを強調させるので、あまり良くないとは言われていますが、手や足の位置により、本人がリラックスできているのであれば問題ありません。
寝ている時、腰の痛さ軽減のためには適度な寝返りが必要ですが、柔らかすぎる寝具や合わない枕を使用すると寝返りを打つことが出来ずに、腰痛感を増してしまう事があります。

横向きで寝るときには、背中と腰を丸めて、膝を軽く曲げると楽な姿勢がとれます。
しかしながら、そのままの状態では、身体が片側へねじられている状態ですので、腰への負担は増えることとなってしまいます。
長時間、片側の横向きではなく、適度の寝返りによる入れ替わりが必要です。
また、横向き寝には、抱き枕を使用すると、安定した姿勢がとりやすくなります。

仰向けで寝るときには、足をまっすぐに伸ばしていると、腰に対する負担が増してしまいます。
このため、膝は軽く曲げるようにした状態が腰への緊張を和らげます。
サポートツールとして、膝下にクッション等を入れると、楽な姿勢をとることが出来ます。

起床時について

起床時には、就寝中の身体の動きがあまりない為に、筋肉や関節は硬くなった状態です。
目覚めた直後に、急に身体を動かすと、これらにかなりの負担がかかってしまいます。
身体を起こす前には、少しでも身体を温めてから、ゆっくりと起き上がることが必要です。

布団の中で,ゆっくりと伸びをしたり、膝を立てて左右に倒す等の動作が有効です。

また、仰向けのまま起き上がるのではなく、一度、横向きの姿勢をとってから、肘と腕で身体を支えるようにして起き上がると、腰を中心とした身体の各部への負担を軽減させることが出来ます。
脚の反動を利用して起き上がる方がおられますが、これは腰への負担が大きいため、やめるべきです。

デスクワーク・普段の姿勢の影響について


長時間のデスクワークで、座っている時間が長いと,身体の前面の筋肉が縮まった状態で過ごしてしまっています。
これにより、身体前面の筋肉が硬くなり、柔軟性がない状態です。

このまま帰宅し、仰向けの姿勢で寝ると、足を伸ばして身体をまっすぐにすることになるため、身体前面の筋肉が引き伸ばされ、腰に負担をかけることになります。
これで一晩過ごしてしまうために、朝、起床時には腰痛感が出てしまうのです。

また、横座りや足を組んだりすることで、骨盤が歪められると、本来は臀部で睡眠時の身体を支えるべきところが、腰で体重を保持することとなり、これが長時間継続することにより、朝起きたときの腰に痛みを感じてしまいます。

食事の影響について


寝る直前の食事や、満腹感での就寝は内臓に負担をかけてしまいます。

寝ている時に、食べ物が、未消化の状態だと、寝ている間も内臓が休むことなく働いていることになります。
内臓神経反射というものがあります。
内臓の調子が悪くなると、その症状が痛みとして身体に表面に出てきます。

胃が悪ければ、左の肩甲骨下部
腎臓が悪ければ、腰部
肝臓が悪ければ、左肩甲骨下部

等、それぞれの内臓に対応した身体の場所に痛みが出てきます。
寝ていても、内臓が休むことが出来ないために、腰や背中に痛みが出てくるのです。


睡眠の目的のひとつは、一日の身体の疲れをリセットして身体の機能を回復させることです。
寝ている間に、身体の力が抜けてリラックスできていないのでは、眠ることによって、逆に、疲労を蓄積させていることになっています。
十分な、よい睡眠がとれていないと、腰痛も悪化してしまうことがあるのです。




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ