日野市にある当店の整体はたった1回で痛みの解消を実感できます

YT整体院


腰痛と立ち方について

普段、あまり意識することのない足の裏ですが、カラダの重心が足裏のどこに乗っているかによってカラダのバランスが変わり、それにより姿勢が変化してしまい、腰痛を含めた様々な症状を引き起こすことがあります。
それでは、どのような立ち方がいいのでしょうか?


魚の目.png


立ち方について


足の裏の重心の位置がずれていると、それが立ち方や歩き方に影響して、疲れやすくなります。
ほとんどの人は、踵に体重を乗せているケースが多く、踵が乾いたり、痛みが出ている事でその傾向が確認できます。

また、重心のかけ方が左右で違っているために、カラダ全体の中心がずれて、姿勢が大きく崩れている場合もあります。

足の裏への正しい重心のかけ方は、土踏まずが中心となるように、そのくぼみが均等になる様に立つことです。
しっかりとした立ち方をする習慣がない人には、この土踏まずが変形して崩れてしまっていることもあります。
土踏まずがないと、足裏で体重を支えずらくなり、バランスが乱れて、姿勢が悪くなってしまいます。

しっかりと立つためには、足の裏の意識を、踵と親指、小指のつけ根の3点で体重を支える様にします。
あなたは、踵重心でなかったでしょうか?
しっかりと重心が一定して立てると、まっすぐ立った時のふらつきが無くなり、カラダの芯が安定しているのを感じることができます。
この3点に、上手に体重が乗ると、姿勢の崩れも無くなり、立っているだけで身体が疲れることがなくなります。


歩き方について


立ち方が意識出来てきたら、次は歩き方です。

歩くときにも、足の裏を意識します。

足の裏を使って歩く意識を持つことで、ふくらはぎの筋肉が使われます。
逆に、足の裏が使えていないと、ふくらはぎの筋肉が使われず、足の裏の筋肉自体が疲労し、その結果、土踏まずのアーチが無くなってしまいます。

歩行時には、踵から着地して、体重移動しながら、指のつけ根に移動していきます。
最終的には、この指のつけ根で離陸させていきます。

足の指は、しっかりと地面に着いていますか?
指の先が、浮いている、浮指状態ではありませんか?

足の指の筋肉は、ふくらはぎに繋がっています。
歩行時に足の指が使えていないということは、ふくらはぎが動いていない、ということであり、使われない筋肉のために、血流が悪く、老廃物もたまり、むくみが出て、下半身太りの原因ともなってしまいます。

浮指状態では、足の指が地面に着いていないため、このまま歩行することにより、地面からの衝撃が吸収できず、膝や腰にこの衝撃が伝わってしまい、痛みを感じるようになってしまいます。
この状態が続くと、この痛みをかばうために、上半身が歪み、その結果、肩や首にも悪影響を与えることとなってしまいます。
最悪の状態では、自律神経までも歪められ、うつ傾向まで誘発されることまであります。


カラダの土台になっている足の裏、そして、足の指。
普段はあまり気にとめないかも知れませんが、カラダの中で起こっている、色々な症状に関係している場合が多くあります。
当院では、足の裏からも腰痛を含めた様々な症状を改善させていきます。

あなたの足の裏は大丈夫ですか?






更新

<< 前の記事

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ