日野市にある当店は腰痛改善につよい整体院です

YT整体院


腸内の免疫機能について

908708.jpgのサムネイル画像







 

外部からのウィルス、細菌や異物に対抗するための免疫機能。
この免疫機能は、我々の腸の中にいる腸内細菌と大きく関わっています。

免疫細胞が本来の機能とは異なる動きをすることにより、アレルギーや自己免疫疾患のような病気が発症してしまいます。
最近増えてきているこれらの疾患は、どのように引き起こされているのでしょうか。

我々の腸の中には、全身の免疫細胞の約70%が集まっています。
血液の中のリンパ球は、胸腺で外敵異物を学習していますが、腸の中では、腸内に入ってきた外敵異物を、腸壁のバイエル板というところに取り込み、免疫細胞に対して身体に対して有害な物質であることを学習させています。
この学習後に、血液で全身に運ばれ、効果的に免疫機能を発揮するようになっているのです。

正常であれば、この免疫機能は、身体に有害のものに対してのみ攻撃するようになっています。
けれども、この免疫機能が暴走することにより、本来攻撃する必要のないものまで攻撃してしまう事があります。
これが、アレルギーや自己免疫疾患です。
この原因が、腸内細菌の異常によるものであることが、最近の研究でわかってきました。

腸内には、1000種類の100兆個以上もの腸内細菌が存在しています。
免疫の暴走の結果生じた重症のアレルギーや多発性硬化症は、この腸内細菌のうちのクロストリジウム菌が関係しています。
(腸内にはクロストリジウム菌だけで100種類もいます)

クロストリジウム菌は、腸の中で、食べ物に含まれている食物繊維をエサとして食べて、酪酸という物質を放出します。
腸壁の内側に存在している免疫細胞が、この酪酸を受け取ると、特別な免疫細胞に変わります。
この細胞は、Tレグ(制御性T細胞)と呼ばれ、本来なら、異物のみに働く免疫機能が、それ以外には機能しないように、免疫細胞の持つ過剰な攻撃性を押さえます。
それにより、アレルギーや自己免疫疾患が押さえられるのです。

腸内では、クロストリジウム菌が少ないと、その結果Tレグも少なくなり、重症アレルギーや多発性硬化症のような疾患を引き起こしてしまいます。
クロストリジウム菌が多くても、食物繊維が少ないと酪酸が生成されず、Tレグも増えません。

従来の日本人の食生活には、食物繊維が多く含まれていました。
しかしながら、昨今、その食事が欧米化してしまい、食事に含まれている食物繊維の量が減ってきてしまっています。

日本で、最近、アレルギーや自己免疫疾患が多くなってきているのは、このような食生活の変化に、腸内細菌が対応できずにいることが原因と考えられています。

食べ物に含まれてる食物繊維は、今までは、排便の機能補助のようなことしかしていないような印象がありました。
食物繊維の持つ、重要な一面をも理解し、食べるものの中身を吟味していく必要があります。

592149.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ