日野市にある当店は腰痛改善につよい整体院です

YT整体院


ただの骨ではない骨について

考える人.jpeg

















200個もある全身の骨。
身体を維持する支柱としての働き、内臓器官の保護としての働き、関節を構成している運動器としての働きがあり、Ca等のミネラルの貯蔵機能、造血機能等を持つことが骨の働きとして認識されていました。
これ以外に、身体全体の臓器を若くするための特別な物質を放出しているということが、最近の研究でわかってきました。

我々の骨というものは、どのように作られているのでしょうか?

骨の中には、破骨細胞と骨芽細胞という細胞があり、その相互の働きにより、壊したり、作ったりと、骨は常に作り替えられています。
その周期は、3~5年で全身の骨が入れ替わるくらいのスピードです。

通常であれば、破骨細胞で壊された分の骨を、骨芽細胞で新たに作っていくのですが、このバランスが崩れると、骨の作成が間に合わない骨粗しょう症という、骨量が低下した状態になってしまいます。
骨粗しょう症の対象は、高齢の女性がほとんどだと思われていますが、若い人でも発症してしまうことがあります。

若い人にでも発症する骨粗しょう症の原因は、骨の細胞が出すスクレロスチンという物質です。
骨の細胞が、骨芽細胞の数を減らすスクレロスチンを放出すると、骨芽細胞の数が減るので、それにより骨を作る働きが低下し、骨量がどんどん低下していってしまいます。


スクレロスチンは、どのようなタイミングで放出されるのでしょうか?

骨の中では、骨自身にかかる衝撃を骨の細胞が感知して、新しい骨を作るタイミングを決めています。
この衝撃が骨にかからない状態が続くと、骨の細胞がスクレロスチンを多く放出して、骨芽細胞の数を減らし、骨が作られなくなります。
骨に、ある程度の衝撃が加わって、スクレロスチンが放出されないような状態が、バランスのとれた状態と言えます。

スクレロスチンが放出されず、骨芽細胞が増えている正常な状態では、この骨芽細胞からオステオカルシンという物質が放出されます。
これが骨の中から、血管を通じて全身に送られます。
このオステオカルシンは、記憶力を向上させ、筋力を強くし、生殖力を若く保たたせるという働きがあります。
オステオカルシンは、若さを生み出すパワーを持った物質と言えます。

また、骨芽細胞は、オステオポンチンという物質も骨の中に放出します。
オステオポンチンが減少すると、骨髄の中で生み出される免疫細胞の数が減少してしまいます。
免疫細胞が減少するため、免疫力が低下し、様々な感染に対する抵抗力が下がり、がん発症のリスクまで増大してしまいます。

骨の細胞に、十分な衝撃刺激が加わらないような生活をしていると、骨量不足という骨粗しょう症の発症だけではなく、骨芽細胞の出すメッセージ物質をも減少させることにもなり、それが全身の老化を進めてしまうことにつながってしまうのです。

骨量は、年齢の増加とともに、25歳を過ぎるころから自然に減少していきます。

骨芽細胞を減らさないための対策はあるのでしょうか?

骨芽細胞を減らさないためには、スクレロスチンが出ない状態を保つことが必要です。
骨自身への衝撃刺激でそれが可能になりますので、スクレロスチンの制御は、運動による骨への刺激が有効です。
運動することで、骨に刺激が入り骨芽細胞も増え、その結果骨量が上がり、骨芽細胞からのメッセージ物質が増えれば、身体全体の機能を、若く、健康に保つ事も出来ていくのです。


ただ、痩せるためだけの目的ではなく、身体全体にもいい影響をもたらす運動を、年齢が上がるにつれ、意識的に継続していく必要があります。






更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ