日野市にある当店は腰痛改善につよい整体院です

YT整体院


メタボリックシンドロームについて


768992.jpgのサムネイル画像

ダイエットをしている方の目の敵にされている脂肪。

この脂肪が、エネルギーを蓄える以外にも、重要な働きをしていることが最近の研究でわかってきました。

あなたは、ご自分の脂肪の働きを十分理解されていますか?

 

脂肪の働き

我々の身体の中にある脂肪の実体は、脂肪細胞が無数に寄り集まったものです。

この脂肪細胞は、脳を含めた全身に向けて特別なメッセージ物質を放出しているということがわかってきました。

健康な人の体内では、脂肪細胞に中性脂肪が蓄えられると、レプチンというメッセージ物質が放出されます。

レプチンが、エネルギーが十分である、というメッセージを、血液に乗って全身に運びます。

これが、脳の中心部で受け取られると、エネルギーが十分であると判断し、食欲を抑える指令を出すようになります。

脂肪細胞が、身体の中に十分な量が存在していないと、レプチンを放出することが出来ず、脳が、食欲を抑制出来なくなり、食欲が止まらないという症状を引き起こしてしまいます。

実際、脂肪萎縮症という疾患は、先天的に脂肪細胞が存在していないという病気で、いくら食べても、食欲を抑えることが出来ないため、いつまでも食べることをやめないという病気です。

では、脂肪脂肪が多い肥満体型の人は、レプチンがあるはずなのに、どうして食欲を制御できないのしょうか。

肥満体型の人の体内では、血液中にも過剰な脂肪細胞があり、これが、レプチンが脳へ到達する邪魔になっています。

仮に、脳へ到達しても、脳が十分に反応を起こせないために、食欲抑制信号が出せないと考えられています。

肥満が進むと、メタボリックシンドロームに陥ってしまいます。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群とも呼ばれ、内臓脂肪の蓄積により、高血圧、高血糖、脂質異常症の重なった状態を表します。

メタボリックシンドロームの人の脂肪細胞は、身体の外部からの異物に対する警告メッセージを誤って放出します。

これを受けとった体内の免疫細胞が連鎖して、免疫機能の暴走する状況を作り出してしまいます。

メタボリックシンドロームによる、この免疫細胞の暴走状態が、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病などの様々な病気を引き起こしてしまいます。

しかしながら、この免疫細胞の暴走は、筋肉が放出するメッセージ物質で抑えることが出きます。

この物質はIL-6と呼ばれ、運動をすることで筋肉から放出されます。

IL-6は、免疫を活性化する役目と抑制する役目の、両方の機能を有しています、

メタボリックシンドロームの人は、運動により、脂肪を燃焼させ、IL-6を放出させることで、身体を正常な状態に保つことができます。

腰痛をお持ちのあなた!

メタボリックシンドロームではありませんか?


痛みのため、身体を動かすこともできず、ましてや運動なんて!と、考えているあなた!

まずは、今ある痛みを軽減させましょう!

その後、体調により、体重のコントロールをしていきます。

日野市にある腰痛専門YT整体院では、一度で効果がわかると評判です。

腰痛でお悩みのあなた!

一度、ご相談下さい!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-8-6 いなげや日野駅前店1階
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ