日野市にある当店は腰痛改善につよい整体院です

YT整体院


腸腰筋を楽にしたい!

ここでは、当院でご紹介した、腸腰筋をゆるめる方法に関し、お伝えしていきます。

腸骨筋ってどこにあるの?

まず、腸腰筋という筋肉は、大腰筋と腸骨筋の2つの筋肉のことを言います。
それらの位置ですが、ざっくり説明すると、
  • 骨盤の内側から、大腿骨の裏側
  • 腰の骨から、大腿骨の裏側
につながっている、2本の筋肉をイメージしてください。751717.jpg
この2つの筋肉の、いずれかないしは両方が機能不全により、痛み、ツラサを出してきます。
これらのツラサが、腰のツラサとして表に出てきているのです。

この筋肉の主な働きは、股関節の屈曲と外旋です。
わかりやすく言うと、立った姿勢で、膝を前に上げることと、膝を横に開くことです。
今回は、膝を前に上げることを考えていきましょう。

腸腰筋の機能を回復させる!


長い間の生活上の姿勢や、仕事上の姿勢により、腸腰筋が使われずに、硬くなってしまっています。
この機能を回復していきましょう!

筋肉を動かす

913795.jpg
まずは、長い間使われてこなかった筋肉を使っていきましょう!
立った姿勢で、ゆっくり、膝を水平の位置まで持ち上げましょう。
不安定でしたら、イラストのように、机につかまって行ってください。
同じように、逆側の膝も上げていきます。
両方上げるのを1回として、合計10回繰り返します。
くれぐれも、力は入れずに、ゆっくりと行ってください。



筋肉のストレッチ

913400.jpg
次は、筋肉のストレッチです。
先ほどの立った姿勢のままでは、バランスを崩して危ないので、机か柱に片方の手でつかまってください。
その状態で、股関節から、ゆっくりと前後に脚を振っていきます。
前後1往復で1回として、10回行います。
片側が10回出来たら、逆側も同じように10回繰り返します。
右の手でつかまった時には、左の脚を、左の手でつかまった時には、右の脚を動かしていきます。
くれぐれも、力は入れずに、ゆっくりと行ってください。

どのくらいやるの?

まずは、朝10回、夜10回は最低でも行っていきましょう。
生活の中で、少し余裕が出てきたときに、上記の回数に追加して1回でもやっていければ、無理なく効果が出てくると思います。
くれぐれも、焦らず、無理せず、楽しく、です!

わからないことが出てきましたら、遠慮せず、いつでも院へ連絡してくださいね!
お待ちしております。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

YT整体院のご案内

住      所:
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-14-9
八坂神社となり
アクセス:
JR中央線日野駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
070-1048-3907
営業時間:
10:00~21:00
休業日:
水曜日・土曜日・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ